やっぱり私ほどの天才になると世界を裏で操る秘密組織を崩壊させるアイデアも思いついちゃうんだなあ。自分の才能が怖い。

世界を裏で操る秘密組織を崩壊させる方法

イルミナティ、フリーメーソン、300人委員会……この世は陰謀論で溢れています。仮にもしこの世界を裏で操る秘密組織が実在するとして、我々一般人はその秘密組織を攻撃して弱体化、瓦解させることができるのでしょうか?

おそらくこの文章を読んでいる凡人なあなたは「そんな世界を裏で操るとかいう最高権力組織があったら、私たち一般人にはどうしようもないな」と思うことでしょう。しかし私は天才なので、この組織を弱体化させる方法を思いつきました。凡人のあなたは耳の穴をかっぽじってよく聞いてください。

組織を弱体化させる方法はとてもシンプルです。その秘密組織にダサい名前を付けるだけでいいのです。

例えば仮に300人委員会という組織が世界を裏で操っていたとしましょう。我々は今後「300人委員会」のことを「おっぱい大好き300人衆」と呼ぶことにします。

おそらく「300人委員会」に所属している人は「いいや、我々はそんなダサい名前ではない。300人委員会だ」と主張するでしょう。でも我々一般人はその主張を全て無視し、かたくなに彼らのことを「おっぱい大好き300人衆」と呼ぶのです。

私、陰謀論に詳しくないので「300人委員会」のこともよく知らないのですが、仮に「300人委員会」を率いる一人の最高権力者がいるとするなら、その人のことは「チンコ大統領」と呼ぶことにしましょう。

つまり私たちは今後「300人委員会を率いる最高権力者」のことを「おっぱい大好き300人衆を率いるチンコ大統領」と表現することにします。

想像してください。あなたの目の前に「俺は300人委員会の一人だ」と名乗る男が現れた時のことを。あなたは「あの、おっぱい大好き300人衆の一人!?」と思わず言ってしまいます。そのせいであなたは殺されます。かわいそう。おっぱい大好き300人衆を舐めてかかるからそういうことになる。おっぱい大好き300人衆を舐めるなよ?おっぱい大好き300人衆はこう見えて世界を裏で支配してるんだからな?

でも長期的に見て、おっぱい大好き300人衆は必ず弱体化します。理由は簡単です。名前がダサいからです。誰も入りたがらないからです。

もちろん弱体化したおっぱい大好き300人衆に代わって新たに別の組織が世界を支配するかもしれません。そしたら、その組織にもダサい名前をつければいいのです。

何度新しい組織が世界を支配しようとしても、我々一般人はそれら全てにダサい名前をつけて抵抗、攻撃すればいいのです。

もし仮にイルミナティやフリーメーソンや300人委員会という組織が本当に世界を裏で操るほどの力を持っているとするなら、その責任の一端は陰謀論を信じるあなたにあります。

陰謀論を信じるあなたは「イルミナティやフリーメーソンや300人委員会はこんなに権力がある。こんなに強い。ああ恐ろしい、恐ろしい」などとネットなどで周りに言うせいで、世界の一端を動かすほどの軍事力や経済力を手に入れた人は「ふーん、その組織、かっこいいな。私も入ろう」となって、その組織は本当に世界を牛耳るほどの権力を持つようになったのです。つまり、その組織が強くなったのはその組織の格好よさを周りに宣伝した陰謀論を信じるあなたのせい。

逆に言えば「強い」「恐ろしい」「権力者」と言うイメージと真逆の印象を与える名前をその組織の名前につければ、その組織は弱体化すると言うことです。

そもそも陰謀論者は、もし本当にその陰謀論を信じてるなら、なぜその組織を弱体化させるためのこんなに簡単なアイデアを思いつかないのか。所詮、陰謀論者は無能な凡人の集まりですね。

え?逆になんでこんな非凡なアイデアを思いついたのかって?なぜなら私も世界を支配するほどの才能を持つおっぱい大好き300人衆の一人だからです。