文学ファイター

たぶん、みんな信じてくれないと思うんだけど、今私はとても大事な話をしてる。

アイキャッチ

人生の攻略方法は「目的をもつこと」

なんとなく、今後は月イチくらいの更新にしようかと思ってるのでよろしく。

今日は、現時点で私が理解している人生の攻略法の話でもしようかと思う。

人生の攻略方法は「目的をもつこと」。これだけです。

宗教の「求めよさらば与えられん」。偉人が言っていた「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし」「少年よ大志を抱け」「夢なき者は理想なし。理想なき者は信念なし。信念なき者は計画なし。計画なき者は実行なし。実行なき者は成果なし。成果なき者は幸福なし。ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず」。他にも「思考は現実化する」「100のやりたいことリスト」あとは、いろんなコーチングの本とか。みんな「目的(夢)を持て」って言ってます。

私は学生の頃は人生の目的とかやりたい事とか全然なくて人生楽しくなかったけど、大人になって「とりあえず『これ』を目的として生きよう」っていう生き方をするようになってから、人生が段々楽しくなってきてる。

今、この文章を読んでいる「人生がつまらない」とか「人生がつらい」とか思ってる人って目的持ってないでしょ?原因それだよ。

たぶん、皆さん「人生を楽しく生きること」を目的としてると思う。でも「人生を楽しく生きる」はぼんやりし過ぎていて、目的とは言えない。それに人によって「楽しい人生」がどんなものかは異なるでしょう。

例えば「お金持ちになること」が楽しい人生の人もいるし、「世界を旅すること」が楽しい人生の人もいるし、「恋人とイチャイチャすること」が楽しい人生の人もいるでしょう。そして、これくらい具体的になったら、目的と言っていいと思う。後は「お金持ちになる努力」をしたり「世界を旅する努力」をしたり「恋人とイチャイチャする努力」をすればいいのだ。

人生の目的を持っていない人は、結局他人に言われるがままの人生を送ってしまうことになると思う。だって「こういう生き方がしたい」「こうしたい」っていう意志が無いんだもの。多分、主体的な人生を送るためには目的を持ったほうが良いんだと思う。

さて、一言に「目的」と言っても、目的を目指す方法に流派がある。「一度にひとつだけ目的を設定する方法」と「一度に複数の目的を設定する方法」だ。そして、どちらの流派もそこそこ効果がある。

私はどちらかといえば「一度にひとつだけ目的を設定する方法」派です。なぜなら、その目的を実現する努力だけ最優先して、他の全ての優先度を下げればいい、っていうシンプルな方法なので、なんとなく実現する可能性も高い気がして。

でも「一度に複数の目的を設定する方法」も十分効果があると思う。こちらの流派で有名なのは「人生でやりたい100のやりたいことリスト」だ。ネットで「100のやりたいことリスト」を公開している人が何人かいるけど、みんなそこそこやりたい事を実現してるし。

たぶん目的を持っていない皆さんは「いきなり目的を持てと言われても、特に今やりたいこととか実現したい夢とかないなー」って思ってると思うので、まずは気軽に試せる「100のやりたいことリスト」をするのがオススメです。「100のやりたいことリスト」の方法は「人生においてやりたいことを100個、ノートに書く」っていう方法なんだけど、詳しくはググれ。

で「目的の設定方法」の流派の分類方法にもうひとつ分類方法があって、それが「実現する方法が全く分からないような、めちゃくちゃ凄い目的(夢)を持つべき派」と「自分が実現できると思える目的しか実現しないので、自分が実現できると思える範囲で一番良い目的(夢)を持つべき派」です。

そして、私の理解では、この2つは両方正しい。

「実現方法が分からないメチャクチャ凄い目的」を持って良いんだけど、「でも、どうせ無理だよな」ってずーっとうっすら思ってるなら、それは実現しない。「実現方法が分からないメチャクチャ凄い目的」を持って、それに関して調べたり努力したりして段々と「ああ、これマジでギリギリで実現できそうだわ」って思えるようになったら、それは実現できる。

なので、この2つは両方正しい。

そもそも人生に目的を持たないと、あなたの人生がどこにも進まないに決まってるじゃん?だってどこも目指していないんだもの。だからあなたの人生は他人に言われるがままの人生になって、生きるのが辛くなるのだ。

あと、たまに「Aという目的を達成するためには、まずBという目的を達成しないといけないな」っていう場合があると思う。そういうときは、普通に「まずBの目的を達成する努力をして実現」した後に「Aという目的を達成する努力をして実現」すればいいだけだからね。難しく考えないでね。

あと、私がここで話してる「目的(夢)を持て」っていう話は、「目的さえ持てば、あとは努力しなくても勝手に実現するよ」みたいなクソみたいな話じゃないよ。努力必要だよ。努力大事だよ。目的を設定した後は、その実現にむけてめっちゃ努力してね。

ちなみに「人生にやりがいを持って生きている人」……つまり生きがいや目標に向かって行動している人は幸福度が高いそうだ。でも、実際に目標を達成すると、達成したことで「あれ?たいして幸せじゃないかも」って思ってしまったりするらしい。でもその原因は「目標が間違っていたから」ではなくて「達成したから」なので、また新たな目標を見つければそれが幸せにつながるそうだ。

ただ、ここで私がいくら「人生は目的持つことが大事」って訴えても、たぶん「まあ、無いよりはあったほうが良いよねー」くらいに軽く受け流して、大事さが分からない人もいると思う。くやしい。めっちゃ大事なのに。「目的」さえもてば「ああ、今、自分の人生、自分でプレーしてるわー」感が味わえてめっちゃ楽しいのに。

だからこの文章を読んでもほとんどの人が、結局「目的」を持たないんでしょう。滅びよ。

ただ、人生がつらかったり、つまらない人は出来れば試しに目的を持ってみてほしい。そして、その実現に向けて努力してみてほしい。人生だんだん楽しくなるよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加