文学ファイター

起業しました。

アイキャッチ

起業して100円を稼いだ

薄々分かっていたとは思いますが、最近ずっと起業に挑戦していました。個人事業主だけど(個人事業主として開業届もちゃんと出しました)。そしてついに私が作成したウェブサービスで100円を稼ぐことに成功したので、喜び勇んでこの記事を書いています。

え?「私はアフィリエイトで普通に100円以上稼いだことがある」?私はアフィリエイトを起業だとは認めない。

本当はこういう記事を書くのなら、私が作成したウェブサービスをきちんと紹介すべきですが「特定商取引法に基づく表示」により、私の名前がバレてしまうので、私のウェブサービスは紹介できない……。

というわけで今回は起業して100円を稼いだという人生の大成功者である私が、起業を目指している人のための記事を書きます。刮目して見よ!

借金玉さん(@syakkin_dama)が以前「そもそもほとんどの人は起業しても1円も稼げない」というような内容のネット記事を上げていました(今その記事探してみたら見つからないけど)。その記事を読んだ私は「よし。なら私は1円を稼ぐことを目標にしよう」と思いました。皆さんもまずは1円を稼ぐことを目標にしてみるといいと思います。

起業するにおいてぜひフォローしたいtwitterアカウントはPaul Grahamさん(@pg_quote)ですね。こちらPaul Grahamの名言Botなのですが、ためになることをツイートしています。というか、Paul Grahamさんはツィッターに限らず、普通にGoogleとかでも「Paul Graham」とか「ポール グラハム」とかいう検索キーワードで検索して、ヒットしたサイトを確認してください。ポールさんは大体常にためになることを言っています。

なお、このPaul Grahamさん(@pg_quote)以外にフォローすべき起業に役立つ私おすすめのアカウントは特にありません。借金玉さん(@syakkin_dama)も昔は起業に関する呟きも多かったですが、最近では発達障害に関する呟きの方がメインですし。

次に、起業に関する本で「これは良かったな」というのをご紹介します。

大変わかりやすい上に、これ一冊でマーケティングの基本が押さえられます。

文章が読みやすく、かつどういうものが売れるのかがわかります。

これは起業小説です。小説ですが、とてもタメになります。

正直、上記三冊以外にも起業に関する本はたくさん買ったのですが、その中でも特におすすめなのがこの三冊です。

最後にもう一冊だけ紹介させてください。

この本は正直言って、内容の分かりやすさや面白さという点において先程の三冊よりも劣ります。

なのになぜ最後にこの本を紹介したかというと、実際に起業するにあたり、この本に書かれているやり方というか考え方をめちゃくちゃ参考にしたからです。

ちなみにこの本の内容は「行儀の良い起業本は実際にサービスを作成する前に、できるだけそのサービスにニーズがあるかどうかを探れと言う。でも、事前にニーズがあるかどうか探っても、結局本当にそれに対してお金を払ってくれるユーザーがいるかどうかは実際にサービスをリリースしないと分からない。だからとっととサービスをリリースしろ!かける期間は7日間だ!!」って言う内容です。

私の場合、1つめのウェブサービスが失敗した後「噂には起業は難しいと聞いていたけど、本当にまじで起業は難しいな」と思いました。

そもそも起業は10人が挑戦して2人しか成功しないと言うし。検索しても「起業は普通失敗する」としか書かれてない。

というわけで起業に対する考え方を改めました。「起業というのは能力でどうにかできる問題ではない。10人中2人しか起業で成功しないのだから。これは能力ではなく確率の問題だ。10回起業に挑戦すれば2回は成功するはずだ」と考えて、10回起業することにしました。と言っても私の場合は10回ウェブサービスを作るだけですが。

で、何回か起業してると段々起業が上手くなっていきました。自分でも「なんか私、起業が上手くなってきてない?」って分かるほどでした。

そして今回、4回目の起業でようやく初めて100円が稼げました。長かった……。

私の経験から言えることは「そりゃ起業は失敗するよ。だってみんな、起業が一番下手な時の最初の起業で引き返せないほどの金額と引き返せないほどの時間をつぎ込んで失敗して、2回目以降の起業に挑戦しないんだもの」ということです。

練習なしで始めから自転車を乗りこなせる人がいないように、練習なしで始めから起業を成功させる人なんていないんです。

つまり起業は始めから「複数回起業に挑戦する」ことを前提として起業すべきなのです。そして、そのためには一つ一つの起業に時間をかけてはいけないし、お金をかけてもいけないのです。

「起業をするのに時間がかかる起業アイデア」はもう起業アイデアとして失格だし、「起業するのにお金がかかる起業アイデア」はもう起業アイデアとして失格なのです。いかに短期間で起業するか?いかに小額のお金だけで起業するか?というのが大事なのです。さすがに7日間で起業するのは私も無理でしたが、3ヶ月や4ヶ月ほどで起業するようにしていました。

以上が100円を稼ぐという偉大な事業を成し遂げた私から、今から起業に挑戦しようというあなたへのアドバイスです。

起業頑張ってね。

なお私の今回のウェブサービス、いろいろ事前にかかった費用が30万円くらいで、さらに維持費に月2000円くらいかかっていて普通に赤字です。助けて……。

このエントリーをはてなブックマークに追加